ホーム > 製品情報 > らくちん土舗装 まさdo楽

らくちん土舗装 まさdo楽

masadoraku

まさdo楽♪とは・・

まさdo楽♪(まさどうらく)は、敷き均して水をかける、施工の簡単な土舗装です。 良質な自然土を粒度調整し乾燥したものが基材で、固化材・混和剤を混合しています。 仕上がりは充分な圧縮強度に加え、土としての自然な透水力・保水力を備えています。 masadoraku_img 防塵(土埃を抑える)効果や、夏場の照り返しによる温度の抑制効果があります。 水溜りもできにくく、また保水性があり、気化熱により気温の上昇を抑える効果もあります。

施工手順

sekou_tejyun_1①敷き均し  材料を袋から取り出し、
コテなどで平坦に敷き均しします。
一般的な施工 厚さ3cm 50kg/㎡
(2.5袋/㎡)
載荷重の大きい場合
法面の施工など 厚さ5cm
80kg/㎡
(4.0袋/㎡)
矢印 sekou_tejyun_2②散水  噴霧器・ジョウロなどで散水し、表面を均一に濡らします。 表面が乾燥しないよう散水を繰り返し、全体を湿潤させます。 散水の目安は、気候によりますが、1袋あたり2~4L程度です。

③養生 丸一日は雨がかからないようにします。 1~2日程度で固化状況を確認してご使用願います。

矢印 sekou_tejyun_kansei 施工上のポイント
・施工場所が軟弱な場合、ひび割れなどの原因となります。 ・霧状の丁寧な散水で表面がきれいに仕上がります。
(噴霧器・シャワーヘッドの霧状など) ・勢いよく散水すると表面が乱れたり、砂が大量に浮いたり、強度不足の要因となります。 ・過剰な散水により表面に水が浮いてしまうとハッカ(白華)することがあります。

性能一覧

●衝撃加速度:80G

masadoraku_hyou

●透水係数:10-4~10-3cm/s程度

masadoraku_2

●有害物溶出試験結果

計量の対象 計量結果(mg/L) 基準値(mg/L) 計量方法
カドミウム 0.001未満 0.01 JIS K 0102-55.4
全シアン 不検出 不検出 JIS K 0102-38.3
有機燐 不検出 不検出 S49 環告第64号付表1
0.005未満 0.01 JIS K 0102-54.4
六価クロム 0.02未満 0.05 JIS K 0102-65.2.1
砒素 0.005未満 0.01 JIS K 0102-61.2
総水銀 0.0005未満 0.0005 S46 環告第59号付表1
アルキル水銀 不検出 不検出 S46 環告第59号付表2
PCB 不検出 不検出 S46 環告第59号付表3

● 夏場の温度比較
まさdo楽♪39.8度
アスファルト舗装64.3度
一般土系舗装42.2度
( この日の外気温:35.6度 )

● 保水量:約15%(重量比)

● 圧縮強度
4.0N/mm2以上
≒40kgf/cm2以上
(一般に圧縮強度が2.0N/mm2以上では
植物の生育が困難といわれています。)

● 曲げ強度
:2.0N/mm2以上
≒20kgf/cm2以上

★ まさ土とまさdo楽♪の違いとは!?

一般にまさ土(真砂土)とは花崗岩の風化した土壌のことで、関西以西の山を中心に広く分布しています。 花崗岩は構成している鉱物結晶の熱膨張率が異なるため、温度変化により非常にもろく崩れやすいものです。 つまり、まさ土を骨材とした土舗装は骨材強度が低く、劣化・風化による舗装体の機能低下が早くなります。
 まさdo楽♪では、このような弱点を克服するべく、まさ土とは異なる強度の高い(炭酸カルシウム系の) 細砂を骨材としています。また、数種類の粒度の砂を配合し、粒度分布のよい『良質なまさ土』の粒度に調整 することで、まさ土を用いた土舗装とは異なる、品質の高い土舗装材としています。

色調

shikicyou
(左半分が乾いた状態、右半分が湿った状態です。印刷の都合上、実物とは色が異なる場合があります。 また、自然の土を原料にしておりますので、出荷ごとに色調・風合いに若干の差が生じる場合があります。)

荷姿

nisugata 20㎏/袋(ポリ密閉袋)
1t/フレコン袋