ホーム > 製品情報 > タフグリーン

タフグリーン

タフグリーン

芝生の気持ちになって考えたタフグリーン

shiba_hageteru今までの芝生駐車場で満足ですか?
土の厚みが7cmで芝生が健全に育ちますか?
私たちは永く続く緑の駐車場を目指し、
これまでの問題点を解決しました!

これまでの問題点

芝生の育成基盤となっているのか? 一般的に芝生が健全に生育する土壌の厚さは15cm以上です。これまでの芝 生保護材は厚くても7.5cmでした。実際には芝生の基盤としての土は6.5cm 相当しかなく、よほど高度な管理をしないと芝生は生き残れません。

「タフグリーン」のここがポイント!

1.再生樹脂による井桁構造を採用
基面の支持力をそのまま表面に伝える井桁構造。この構造と強い再生樹脂がしっかりと車両重量を支え、タイヤのと踏圧から芝生をしっかりと保護します。再生樹脂は 100%国産。安定した品質を提供します。
2.作業しやすく軽量な簡単構造
輸送コストを抑えるため、部材は板状でしかも軽量。現場で井桁に組み立てるだけです。構造が簡単なため土の敷き込みも簡単にできます。
3.既存の駐車場にもらくらく施工
コンクリートやアスファルトの駐車場にそのまま設置することができます。駐車場を緑化するために既存の駐車場を取壊す必要がないので、コストダウンができ廃材もでず、環境にやさしい商品です。
4.景観・環境にやさしい商品
芝生の蒸散作用と土の保水力で夏場の表面温度の上昇を抑制。さまざまな駐車場で緑豊かな景観を創り出します。いままで困難であった大型車にもしっかり対応して緑被率の向上に貢献します。
5.芝生の生育に欠かせない土壌厚さを確保
これまでの製品ではなかった土壌厚さ15cmを確保しています。また縦横方向とも土壌が連続しているので、芝生が健全に生育する環境を創っています。

タフグリーン大型車用

envi-03-img04

タフグリーン小型・中型車用(4t車まで)

envi-03-img04

kuruma専用薬度を投入することで、その後の良好な育成を確保。
大型車による車載実験でも破壊・沈下は見られない。
基面が硬ければ硬いほど、安定的な駐車場を得られます。

植物の必要最小土壌の暑さ

shiba_img

芝生が生存するための
最小土壌厚さは15cm!

既存の大型車芝生保護材
(芝生駐車場)は
もっとも厚いもので7.5cm!


芝生を枯らさないためには、多大な労力とコストが発生

芝生は生き物です。だからタフグリーンは、厚さ15cmにこだわっています!

タフグリーン施工手順

  • envi-03-img12

    路盤が完了したら、製品を設置します。大型車の場合には、路盤はコンクリートかアスファルトが理想です。既存のアスファルト舗装の上にも設置できます。

  • envi-03-img13

    製品の設置が完了しました。井桁に組んでいくだけですので、あまり手間がかかりません。 雨水が停滞しないように、側溝側に穴を開け水を逃がすようにしています。

  • envi-03-img14

    土の投入です。土は専用の客土がお勧めですが、透水力・保水力に優れたものを使用してください。ダンプトラックやタイヤシャベルで投入が可能です。

  • envi-03-img13

    一度、いっぱいまで土を敷均します。

  • envi-03-img13

    井桁構造であり、製品の間隔が10㎝程度ですので機械による転圧ができません。よって水で沈下させ、井桁の下部に土が入るように注水します。

  • envi-03-img13

    注水して沈下したら、再度天端まで土を敷均します。

  • envi-03-img13

    客土の敷均しが完了しました。

  • envi-03-img13

    目的の芝を概ね9㎝程度の幅にカットします。

  • envi-03-img13

    カットした芝を並べて行きます。

  • envi-03-img13

    芝を並べ終わったら、ローラにて転圧します。芝は製品の高さまで沈み込みます。

  • envi-03-img13

    その後、目土をかけます。

  • envi-03-img13

    目土をかけ終わり、散水したら完成です。化成肥料を散布し、芝の育成を促します。設置初期には、十分に散水するようにしてください。

  • envi-03-img13

    完成の直後から車両の進入が可能です。

  • envi-03-img13

    完成後、概ね1ヶ月が経過した状況です。 毎日駐車をしていますが芝の変色などはありません。

  • envi-03-img13

    路盤:コンクリート